よくあるご質問

院長直通メール相談
院長直通
メール相談
WEB予約
WEB予約
お電話
お電話
オンライン診療

ページトップ
ページトップ

当院にお問合せいただいたご質問にお答えしています。
不安や疑問に思うことがありましたらお気軽にご相談ください。

お支払について

  • 支払いは、どのような方法がありますか?

    現金、デビットカード、クレジットカード、医療ローンとなります。
    医療ローンの場合は、事前に審査を受けて頂く事もできます。詳細はアドバイザーにご質問ください。

カウンセリング・予約・個人情報について

  • カウンセリング料はいくらですか?

    無料です。但し、オンライン診療、セカンドオピニオンは有料です。

  • 予約制ですか?

    はい、完全予約制です。ご予約なしでおいでの場合、時間をおとりできない場合がございます。お電話にてご予約をお願いしております。

  • カウンセリングと同じ先生が手術をしてもらえるのですか?

    はい、当院はワンドクター制です。カウンセリングから施術、アフターの検診まで全て院長の松林が行います。

  • 美容外科は初めてで不安です。行ったら何か強引にすすめられたりしますか?

    いいえ、当院ではまずお客様が気になることに対して良くなる方法を提案させて頂きます。施術を、する、しないは全てお客様自身で判断していただきます。

  • カウンセリングに行くとその後、勧誘の電話やメール、ダイレクトメールなどがあるのではないかと不安です。

    いいえ、当院ではそのような勧誘は一切行っておりません。ご安心下さい。

  • 来院したら他の人に見られたりしますか?

    いいえ、当院の待合室はプライバシーが守られている空間になっております。ご安心下さい。

  • そちらに行ったら私の情報が外に漏れたりしませんか?

    当院ではお客様の情報は、個人情報保護法に従い厳重に管理しております。外部に漏れる心配はございません。 また、来院後のお問い合わせについても、ご本人確認をさせていただきます。

  • 遠方ですが、宿泊などの手配はしていただけますか?

    当院で提携しているホテルがございます。ご希望でしたら私どもで手配いたします。

  • タクシーは呼んでもらえますか?

    提携しているタクシー会社がございます。術後でも安心して乗車していただけます。当院のビル1階入り口付近で乗車可能です。

  • 予約の方法は?

    お電話かWEB予約をご活用ください。

豊胸手術について

  • 豊胸手術を受けました。ワキの傷が赤くて、突っ張る感じ間があります、治りますか?

    傷は術後1ヶ月前後が一番固い時期です。3~6ヶ月で徐々に軟らかくなり傷も薄くなってきます。
    突っ張り感に関しては、手術直後に指導する「手挙げの運動」をしっかり続けてください。3ヶ月くらい続けてください。

  • 手術直後ですが、左右の大きさが違うように感じます。同じになりますか?

    直後は腫れや炎症の度合いが異なるため、左右が非対称に感じられる事があります。基本的には左右同じ大きさのバッグを挿入するので左右差については一時的です。しかし、元々のバストに左右差がある方はそのままです。元々の左右差が著しい場合は左右の異なったサイズを用いて揃えることもあります。

  • 手術後1ヶ月たちましたが、バストが固く感じます。被膜拘縮が心配です。被膜拘縮にならないようにマッサージなどはありますか?

    本来、豊胸手術の後はマッサージが必要といわれていますが、当院のバッグは必要ありません。

  • 手術後のブラジャーはどのような物を準備したらいいですか?

    ノンワイヤー、ノンパット、フルカップ、キャミブラなどバストを締め付けないもの・寄せないものが理想です。

  • 手術をしたことが彼にわかってしまいませんか?将来結婚して、相手に豊胸術がばれてしまうのでは・・・本来のバストに比べると不自然ではないでしょうか?

    豊胸術で最も大切なことは、バストに傷を残さないことです。どんなに美しいバストに仕上がっても傷が残ってしまったのでは、豊胸術をうけたことがバレてしまいます。このような問題を解決するために腋窩(わきの下)からシワに沿って3~4cmカットするのみですので、バストに傷跡が残る心配は全くありません。また当院が採用しているバッグは成人女性の乳腺に最も近い仕上がりです。横になったとき、バストの流れ方などが自然なため、術後に恋人やご主人に気づかれることは殆どありません。

  • 手術以外の方法でバストアップできますか?主人には内緒にしたいので手術以外の簡単な方法でと考えているのですが。

    通信販売や、市販されているバストに塗るクリームなどほとんどのものは厚生労働省で許可された医薬品ではありませんので大きな効果は期待できないでしょう。また、バスト専用器具を使ってバストアップさせるという方法もあるようですが医学的に根拠がなく、こちらも期待は出来ません。ヨガや美容体操で大きく出来るということも耳にしますが、あくまで筋肉を鍛えるものであり、垂れないようにすることは可能でしょうが、バストを大きくすることはできないでしょう。やはり短期間に確実に美しいバストを希望される場合は人工乳腺による豊胸術がベストであると考えます。当院にもご主人に内緒で、お見えになる方も多くいらっしゃいますが、やはりお話をされてご夫婦共々納得されて手術をうけられております。またご主人も一緒にカウンセリングを受けて頂くこともできますのでご安心下さい。

  • 胸のレントゲン撮影で人工乳腺は写りますか?会社の健康診断の時にわかってしまうことが心配です。

    通常のレントゲン撮影ではほとんど写ることはありません。
    当院では、実際に手術をされた方のレントゲン写真を用意してありますので、カウンセリングの際に確認できます。ただし非常にやせた方が大きめの人工乳腺を使用した場合は写ることもありますが、元々の乳腺のように全体的に白っぽく写るだけですので、人工乳腺とわかることはないでしょう。

  • 将来、授乳は大丈夫でしょうか?現在独身ですが、結婚して子供が生まれた時に、授乳に影響が出ないか心配です。

    当院では腋窩アプローチ(ワキを切開して人工乳腺を挿入)という方法で行うため授乳に必要な乳管や乳腺を損傷することがないので、影響がでることはありません。また、妊娠時には、乳腺が肥大化しますが、挿入した人工乳腺が障害となることもないため、授乳に支障がでることはありません。

  • おばあちゃんになった時、バストだけ不自然に若々しいといういことはないですか?年齢を重ねたときのバストの状態が不安です。

    豊胸術を行っても、加齢による変化は必ず起きます。70代、80代になってもバストだけが20代くらいのバストのままということはありません。ただ、手術をされていない方と比較すると、その変化は若干遅くなりますので、例えば60代になられた時に、50代くらいの人くらいのバストを維持しているとお考え下さい。

  • 入替の手術もできますか?他院で豊胸術を受けて胸がかたくなってしまいました。入替とかできるのでしょうか?

    当院では豊胸術の修正も専門的に行っています。まずお客様の状態を充分に診察し最善の方法を提案させていただきます。その上で、人工乳腺のサイズと乳腺下法、筋膜下法、大胸筋下法を決め、自然なバストを取り戻します。本来、豊胸術とは一生に一回の手術で、お客様に満足して頂くものなのです。豊胸術を受けて満足されていない方、あきらめないで下さい。あなたに合った美しいバストがよみがえります。

  • 豊胸手術を受けたいと思いますが、遠方です。何度も行ったりきたりできません。どうしたらいいですか?

    当院では、多くの方が、ご遠方からおいでになります。そこで、私どもも万全の体制で皆様のお手伝いをさせていただきたいと考えています。
    遠方からの場合、何度も往復することが体力的、経済的にも負担となってします。少しでもそのような負担を減らせるよう、下記のようなタイムスケジュールや注意事項を事前にご案内しています。

    詳細は豊胸ページをご覧ください。

目の施術について

  • 二重の手術を受けた場合いつから洗顔や入浴、メイクができますか?

    洗顔は当日より可能、入浴は抜糸が終了してからです。腫れている間に入浴され身体を温めると、血液循環が活発となり腫れを助長させる可能性があります。 メイクについても目元以外なら翌日からでも問題はありませんが、アイメイクは抜糸した翌日からとなります。抜糸当日は傷が赤い為、当日からのアイメイクは避けてください。

  • 術後「冷やしてください」と言われました。どのように冷やせばいいですか?

    冷たいタオルや保冷剤(アイスノン等)で、傷口を直接冷やしてください。冷やす目的は、腫れやむくみを早く取るためです。冷やしている箇所が気持ち良い程度の時間、繰り返してください。

  • 埋没法で手術をしました。最近この糸を取りたいと考えています。糸は取れますか?また、糸を取ったら、元の目元に戻りますか?

    糸を取ることはできます。糸を取った場合、元の目元に簡単に戻るかは個人差があります。糸を取る場合も、しっかり診察を受けられてから手術を受けられることをお勧めします。また、3年以上経過しているものは、癒着し糸がもぐりこんでしまっていることが多く抜糸は困難になります。仮に糸が取れても癒着があった場合は、そのまま二重のラインが残ることもあります。
    一口に埋没法と言っても、クリニックによって方法が異なります。どのような方法で糸が入っているか、ご自身で理解されることが大切だと考えます。

  • 手術は痛いですか?

    目の手術は局所麻酔で行います。それは、術中にご希望の二重にラインをご自身でご確認頂く為です。切開する部分に麻酔の注射をし、手術中は痛みを感じないようにコントロールしますのでご安心ください。また、術後の腫れを考慮し、当院では最小限の麻酔を使用するようにしています。

  • 目の下が膨らんで老けて見られがちです。どのような方法がありますか?

    目の下の膨らみの原因が何かによって方法が異なります。脂肪が原因で膨らんでいれば、結膜側(下瞼の裏側)より切開して脂肪のみを取り除きます。また、皮膚が原因でたるみが出ている場合は、余剰皮膚を切り取ります。脂肪と皮膚の両方が原因の場合は両方を取り除くことができます。まずは、カウンセリングにて、たるみの原因を見つけてください。

  • 切開法の修正手術はできますか?

    切開法の修正手術も数多く行なっています。修正といいましても様々なご希望があります。カウンセリング時にどのように修正をされたいかをしっかりとお伝えください。

  • 目頭切開の術法で、Z法とW法の違いはどのような事ですか?

    Z法は皮膚を切除しないで三角形の皮弁を入替える方法です。W法は皮膚を切除して行なう方法です。お客様の目の状態やご希望を伺いながら術式を選択していきます。

  • 加齢と共に目がだんだん三角になり小さくなってきた気がします。何か方法がありますか?

    上瞼のタルミを取り除くことで改善できます。方法は、二重のラインに沿って切開する方法(上眼瞼切開)もしくは眉毛下の生え際の部分を切開して余剰皮膚を取り除く方法(上眼瞼リフト)がございます。術式はお客様のご希望に沿って選択していきます。

  • 目のくぼみに脂肪を注入したあとは綺麗になりますか?

    脂肪注入法はご本人の腹部から脂肪をとり、その脂肪を分別し、良質で柔らかいものだけを使用します。細い針で注意深く丁寧に注入していきますので、段差など無く自然な仕上がりになります。

  • 二重の手術で視力が落ちたりしませんか?

    すべての手術において、眼球に糸が触れたり、術中に角膜に触れることはありません。よって、視力に支障が出ることはありません。

  • 埋没法は何度までできますか?

    当院では、3回までを限界としています。それ以上繰り返して行っても、糸が外れる・緩むなどの症状が起こる確率が高くなったり、ドライアイといって目が乾燥しやすい症状が出たりすることがあります。

  • 目の手術をすると、頭痛や肩こりか治ると聞きましたが、どのような手術ですか?

    眼瞼下垂修正術です。目を開ける時に眼瞼挙筋(瞼を上げる筋肉)が弱いために、目に力が入りすぎて頭痛や肩こりの原因になっている事があります。眼瞼下垂修正術は眼瞼挙筋を縫い縮める事で、楽に開眼ができるようになり、前述の症状の緩和に繋がります。 眠たそうな目、額にシワが寄る、眉の高さが違う、目が凹んでいるなどご自分で判断できる症状もあります。カウンセリング時によくご相談ください。

輪郭の施術について

  • 輪郭の骨形成の後、腫れないようにバンテージをすると聞きました。いつまでするのですか。外出時などもしておかなければなりませんか?

    3日間は24時間して頂くようにお願いしていますが、その期間を過ぎると可能な限り(在宅時、就寝時など)1ヶ月間は着用して下さい。外面的な腫れは、ほぼ1ヶ月程度で治まります。

  • 麻酔はどのような種類ですか?術中に切れたり効かなかったりする事はありませんか?

    骨削り・輪郭形成術は、すべて全身麻酔で行います。眠っている間に手術は終了します。 私、松林は心臓外科医時代から麻酔を含め、全身管理の経験を重ねてきました。途中で切れたり効かなかったりする方はいません。術後は個人差はありますが、2~3時間程度回復室でお休みいただいてから、ご帰宅できます。

  • 腫れはどれくらい出ますか?傷跡や後遺症は残りませんか?

    大きな腫れは7日程度です。2週間もすれば症状はかなり落ち着き抜糸もできます。手術は口腔内から行いますので、傷口は外側からはわかりません(頬骨の場合例外があります)。 後遺症については、術前にレントゲンを撮り骨格を確認の上、神経を傷つけないように手術を行います。但し、一時的にしびれ感や知覚鈍麻などの症状が起こることがありますが、時間と共に改善します。

  • 輪郭形成術を受けた場合、最終的な仕上がりはいつごろですか?

    外見上は1ヵ月程度で落ち着きます(個人差により、その時期でも若干の腫れやむくみが出る方もいます)。手術で影響を受けた筋肉や脂肪、皮膚などの組織が出来上がるのに最低でも3ヶ月は必要です。手術の内容にもよりますが、半年から1年程度とお考えください

  • 手術は怖いので、簡単にエラをスッキリして小顔にする方法はありますか?

    咬筋(奥歯を咬みしまた時に出る筋肉)にボトックスを注入し咬筋を萎縮させて小さくする方法があります。しかし、この方法は咬筋が発達している方のみに適応で、咬筋の小さい方には効果はあまりありません。

  • 手術後頬にたるみが出ることはありませんか?

    今まで骨があった部分は、骨を削ることで皮膚が多少たるみます。しかし、皮膚や皮下組織は、筋肉の伸縮性により殆ど元に戻ります。ただし、年齢や元々の皮膚の状態により変わってきますので、術前にご相談ください。

  • 顎はどれくらい削れますか?長さが左右違う場合同じ長さになりますか?

    当院では、平均8㎜~12㎜程度削ります(切ることもあります)。それ以上削ると骨髄に達し、出血や神経損傷の危険性が出てきます。左右差については、術前にレントゲンで確認し、術中も実際の骨を確認しながら行い、ほぼ左右差が無いように仕上げます。

  • 受け口の手術後、食事はできますか?

    勿論できます。手術部位はワイヤーで固定していますが、食事は当日から可能です。傷の負担を考えると刺激の少ない食べ物から食べ始めることをお勧めします。

  • 頬骨が高いせいか、老けて見られます。頬骨を削ると若い印象になりますか?

    年齢を重ねていくと誰しも顔にたるみが生じ、頬がこけた感じになります。そのままでは高低差が表れ、より老けた印象になります。頬骨削り術は、骨を形成することで高低差を少なくし、若々しく優しい感じとなります。じっくり、ご相談ください。

  • 他の病院で輪郭形成を受けましたが効果がありません。再手術は可能でしょうか?

    はい、可能です。再手術は大変難しく、熟練の技術を要しますが、当院では、たくさんの症例を行っています。是非、ご相談ください。

麻酔について

  • 手術が怖いです。全身麻酔で受ける事はできますか?

    はい。受ける事はできます。しかし、二重の手術については、手術中に二重のラインを確認しながら行う必要があり、二重の手術に限り全身麻酔は行っていません。

  • 麻酔は痛いですか?

    殆どの手術が身体に負担がない局所麻酔で行います。局所に注射で麻酔を打ちます。注射の為痛みを伴ないますが、小児科で行う方法と同様な特殊な薬を混ぜて痛みがない様に努めています。もちろん針も小児用です。

お電話でのお問い合わせ

その他のメニュー

豊胸・バスト
二重整形・目元
鼻の整形
口元の整形
輪郭形成
エイジングケア
プチ整形
美肌
痩身
婦人科
その他
メンズ