乳房縮小・乳房拳上 バランスのよいバストに整える

院長直通メール相談
院長直通
メール相談
WEB予約
WEB予約
お電話
お電話
オンライン診療

ページトップ
ページトップ

About乳房縮小・乳房拳上とは?

出産や加齢により下垂してしまったバストに対しては、乳房を吊上げる「乳房挙上術」(マストペクシー)を行います。過剰な乳房組織(脂肪・皮膚・乳腺組織)を取り除いて整えることで、小さくバランスのよいバストに整えることが可能です。
但し、下垂しているわけではなく、乳房が萎縮して小さくなってしまった場合には豊胸術をおすすめする場合もあります。

元々バストが大き過ぎて下垂が出ている場合には、乳房自体を縮小(リダクション)する「乳房縮小術」を行います。 いずれの手術も乳房の大きさ・形態を整える手術法です。また、乳房の重さや肩こりの改善を希望される方もいらっしゃいます。

欧米人(白人)の場合には、傷跡が大変きれいになる為、大きく切開することをためらわない傾向があります。 一方日本人(黄色人種)の場合には傷跡が目立つことが多く、しかもその傷跡が左右の胸に対称的にできる為、最終的な回復状態なども含めて医師と十分に話し合うことが必要です。

※効果には個人差がございます。

Botherこんな方にオススメ!

こんな方にオススメ!
  • 授乳によってバストがしぼんでいる
  • 垂れたバストを改善したい
  • バストが大きすぎて下垂している
  • 加齢によって垂れた

Feature乳房縮小の特長

  1. 特長元々大きなバストの下垂を小さくバランスのいいバストに導く
  2. 特長乳房の重さによる肩こりの改善
  3. 特長乳がん専門の医療機関提携により、安心して検診が受けられる

※効果には個人差がございます。

乳房縮小

施術方法1

乳房の余分な皮膚・脂肪・乳腺を取り除き、バストのサイズを小さくします。切除する脂肪や乳腺の量を患者様のご希望により調整することで、ご希望のバストサイズに整えることができます。同時に乳輪と乳頭の位置を上部に移動することで、小さくバランスの良い形のバストに整えます。バスト下部の縦の傷は残りますが、徐々に薄くなります。
乳輪が大きい方で縮小することをご希望の場合は、小さくすることも可能です。

施術方法2

元々のバストの形が細長く下垂している方に向いていますが、横方向への縮小がご希望の方には向いていません。
施術は、バストの下方部分と乳輪周囲を切開して余った皮膚と脂肪を取り除き、乳輪乳頭を移動させて吊り上げます。この場合、乳輪下の傷跡は残りません。バストの下方部分を切開した傷跡は、正面から見た場合バストで隠れますので傷跡は見えにくくなります。

※効果には個人差がございます。

乳房拳上

乳輪周囲切開法

比較的軽度のバスト下垂に適した施術です。
乳輪周囲の余っている皮膚をドーナツ状に切除して、余分な乳腺と皮膚を上に引き上げ、縫合します。
下垂を改善させる効果はわずかですが、バストの皮膚たるみを改善してハリを出す効果は得られます。
傷跡が乳輪色素に隠れて目立ちません。

垂直切開法

軽度~中度のバスト下垂に適した施術です。
乳輪からバストの下方部分の余っている皮膚と乳腺を引き上げ、乳首の位置を上方向に引き上げます。
この方法は、下に向いている乳房を上向きに変える施術です。
正面から見た時にほとんど全ての傷跡が乳房の裏側に隠れるため目立ちません。

逆T字法

中度~重度のバスト下垂に適した施術です。
乳輪周囲を含め、バストの余っている皮膚・脂肪・乳腺を縦方向と横方向にも切除することができるので、様々なタイプの下垂乳房の施術が可能です。
「乳首の位置を上げる」と「乳房の下垂を改善する」ことを同時に行えます。
キレイな形のバストに整えられ、正面から見たときの傷跡はそれほど目立たなくなります。

※効果には個人差がございます。

Flow施術の流れ

  • デザイン

    カウンセリングでお聞きしたご希望のデザインを最終確認します。ご納得いただけましたら施術に進みます。

  • 全身麻酔

    全身麻酔を行いますので、痛みを感じることなく手術を受けていただけます。

  • 手術

    麻酔がかかったことを確認したら手術を開始します。手術時間は約2時間前後です。

  • アフターケア

    2時間程度回復室でお休みいただいたのち、そのまま歩いて帰宅いただけます。

※効果には個人差がございます。

術後の経過・検診・アフターケア

手術当日 麻酔や手術の影響もありますので、手術後は車の運転など、リスクを伴う行動は避けていただく方が安心です。 また、殆どの方に、数日にわたり、強い痛み、だるさを感じることがあります。
シャワー・入浴 シャワーは3日後から可能です。入浴は約1週間後から可能です。
抜糸 7日目には抜糸をいたします。
注意事項 術後3ヵ月間はノーブラかワイヤー無しのブラジャーでお過ごしください。寄せたりして谷間を作る行為は避けてください。
注入部は、安静が大切です。急性期(2週間程度)はなるべく運動を避け局所の安静を保ってください。 完全に落ち着くまでには数ヶ月程度かかります。
考えられる副作用 腫れ・内出血・感染・血が溜まる・傷が開く・感覚麻痺・色素沈着・傷跡が目立つ・乳輪にギャザーの傷跡。 内出血や痛み、腫れは、時間の経過と共に治まります。個人差はありますが、約2週間程度です。
検診 バストの手術は非常に繊細なものです。しかも、最高の結果を出すためには、執刀医の術後の検診が必要です。必ず、検診は受診してください。ワンドクターでの検診ですので、安心して受けていただけます。
運動について 運動は、軽い歩行程度なら翌日から可能ですが、ジョギング、エアロビクスなど激しいスポーツは、腫れや内出血の原因となり、回復を遅延させます。最低でも、2週間程度はお控えください。また、バレーボールなど胸に衝撃を受ける可能性があるスポーツは、最低1ヵ月は控えてください。

料金

乳房縮小 1,200,000~1,500,000円
乳房拳上 1,000,000~1,200,000円

※価格は税別です。 ※保険適用外の自由診療です。

お電話でのお問い合わせ

その他のメニュー

豊胸・バスト
二重整形・目元
鼻の整形
口元の整形
輪郭形成
エイジングケア
プチ整形
美肌
痩身
婦人科
その他
メンズ